同じ目標に向けて意思決定

組織として働いていてリーダーを任されている人は、会議などの話し合いの場で話した内容が、ちゃんとメンバーに伝わっているのかを確認することが必要です。

リーダーと同じ気持ちで仕事をしている人は、真剣に話しを聞いて同じ目標に向けて意思決定してると思う。

だけど、そうじゃない人間もいることを知ってて欲しい。

その人が誰なのか判断をするのは難しいところだけど、相手の目を見たらだいたい予想は付くと思う。

話した後に、みんなの顔色や目を確認することで、理解できているかを判断して理解してないと思った人には声を掛けてあげる。

質問やその人の意見など、何でもいいから話を掛けてやることが大切です。

その人を陥れようという発想じゃなくて、その人の意見も聞いてみようという発想が大切です。

もしその人が意見を言えなかったら、会議中の話しを聞いていなかったことになります。

その人がメンバーにいるだけで、チームワークは崩れていくので最終確認は絶対に必要です。